スタッフブログ

2015年2月16日 月曜日

五十肩の症状・治療

こんにちはなごみ鍼灸接骨院です。
今日は五十肩についてお話しします。

まず五十肩というのは肩関節周囲炎というのもので誘因のない肩関節の痛みを伴った運動障害(拘縮)の事です。
40歳代以降50~60歳代に明らかな原因がなく発症することが多いです。
症状としては頭の後ろで手が組めない、手を後ろに回す動作(帯を結ぶような)が困難、夜の痛みで睡眠が障害されるなどです。
もちろん腕を上げるのも困難になりますが病期によって変わってきます。
<炎症期>
痛みのために困難。
<拘縮期>
固まった感じ。及び痛みの為に困難。
<解氷期>
徐々に改善。
そして治療法です。
炎症期の一部を除いては肩の保温が大切です。
特に拘縮期、解氷期においては拘縮、癒着を解くべくマッサージやストレッチが必要です。
また東洋医学でのツボを使った治療も有効で『天宗』、『肩貞』が特に使えたりする場合が多いです。
こういうツボを使った針治療もいいと思います。

五十肩でお困りの方は一度お越しください!

お待ちしています。


なごみ鍼灸接骨院
http://www.nagomi-gokiso.com/

名古屋市昭和区石仏町1-15-1 フローリア御器所1階
tel:0528522341 【地図】※スマホからは見られないこともあります。

受付時間
 月・火・木・金
  8:30~12:00、16:00~20:00
 水
  8:30~12:00、午後休診
 土
  8:30~13:00、午後休診
 
 日曜・祝日 休診
 
名古屋市昭和区・瑞穂区・天白区・千種区・名東区・東区・南区・
日進市 などからご来院頂いています!

投稿者 なごみ針灸整骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30